防災の日 冷凍食品は備蓄食になりますよ

ブログ

2015-08-31

防災の日 
冷凍食品は備蓄食になりますよ


9月1日は防災の日。

1923年9月1日に発生した関東大震災にちなみ、1960年に制定。

けんたくんのお弁当は冷凍です。冷凍の時点で備蓄対象から除外されそうですが、冷凍食品も備蓄になるんです。

停電したらとける?

“停電したら、冷凍庫も止まるから備蓄にならない”と思われるでしょう。ところが意外と大丈夫なんです。

何故なら、冷凍庫が保冷ボックスの役割を果たしてくれるから。

また、冷凍食品が保冷剤の役割も果たしてくれます。

普段から保冷剤等で隙間を埋めておくと、なお良いです。おそらく24時間くらいまでいけるんじゃないかと。

東日本大震災の際、7時間経過しても氷、アイス、冷凍食品等がまったく溶けていなかったという報告もあります。

もちろん、不要な開け閉めをしないことが原則。東北の冬なら、外の方が冷えてる。

電気の復旧は意外と早い

東日本大震災の時、電気・ガス・水道が復旧するのに要した期間は以下だったそうです。

電気は
50%復旧に 1日
90%復旧に 4日

水道は
50%復旧に 6日
90%復旧に23日

ガスは
50%復旧に23日
90%復旧に34日

電気が50%復旧するのに24時間なので、それまでの食料に使える。

また、冷凍食品が24時間解けずに持ち、電気が復旧すれば長期備蓄食にもなる。電子レンジで温めて食べることができるのです。

貴重な水、ガスを節約できる

水道の50%復旧に6日。ガスの50%復旧に23日。

カップ麺の備蓄も良いと思いますが、カセットコンロ等を使い、電気より復旧に時間がかかる貴重なガス、貴重な水でお湯を沸かす必要があります。

自然解凍OKの冷凍食品なら水、カセットコンロ等を使わずに食事を摂ることも可能です。

また、自家発電装置等があれば、冷凍庫、電子レンジも問題無く使用できる確率が高いのです。

食事制限への対応

懸念されるのは食事制限がある方たちです。

普段から健康体なら通常の備蓄食、カップ麺でも問題無いのですが、食事制限が必要な方はそうはいきません。

災害時、医療機関はただでさえ大混雑です。食事制限が必要なのに、制限を無視した食事を摂ると、短期間で体調を崩してしまいます
(本社・株式会社ジョイントは、東日本大震災の被災地である、仙台・石巻の赤十字病院へ食事提供した実績があります。)

むしろ備蓄向き

災害時、必ず停電するとは限らないし、電気の復旧は比較的早い。総合的に考慮すれば、冷凍だからといって備蓄対象から外す必要は無く、むしろ備蓄に向いているのではないでしょうか。

戻る  Blog Top


〔けんたくん御膳〕
消費者庁の食事療法用宅配食品等栄養指針しょくじりょうほうようたくはいしょくひんとうえいようししんに準拠。管理栄養士が医師の指導・助言を受けながら、豊かな日替わり献立を作成。食事療法食としてご利用できます。
ひまわり御膳(健康維持増進)
すずらん御膳(高血圧・心臓病)
すみれ御膳A・B(糖尿病・肥満)
れんげ御膳A・B(腎臓病・人口透析)

〔オリジナル御膳〕
健康管理食 多幸源IIたこげんツー
塩分、カロリー、タンパク質や脂質、炭水化物など、栄養バランスの良いお食事。お子様からお年寄りまで幅広い年齢層に対応。
やわらかめ食 多幸源IIIたこげんスリー
とろみを使い、硬くなりがちな根菜類を細かくカット。ご高齢者(70代以上対象)の食べやすさを追求。
低たんぱく食
制限があっても楽しめるお食事を!継続してご利用頂ける安心の価格と栄養価!低たんぱく食。


ご注文・お問合せ

健康管理食宅配サービス
けんたくん紫波・花巻店

〒028-3317 
岩手県紫波郡紫波町南日詰字田中16-3

0120-821-887

メールお問合せ » メールフォームを開く

受付時間 09:00〜18:00
お電話は土日祝日もお受けしております。

 基本は週一回の配達ですが、配達回数は柔軟に対応致します(ご自宅の冷凍庫に入りきらない等)。食べきれなかった場合は、翌週の配達をお休みすることもできます。担当者へお気軽にご相談下さい。

Copyright けんたくん紫波・花巻店 Allrights reserved.