ブログ

2017-04-18

菌を抑え込む!クックフリーズ方式!



クックフリーズ方式とは

食中毒を引き起こす、ほとんどの菌は高温で死滅します。

菌が活発になる温度は30℃〜40℃と言われています。

けんたくんの御膳は調理後、急速冷凍!

万が一菌があっても菌が活発に活動(増殖)する時間を与えません!

食中毒への安全性がもっとも高いのがクックフリーズ方式なのです。



※けんたくんの御膳は、製造後、社内の品質管理室で栄養士が検査を行い、確認を行ってから出荷されます。定期的に第三者機関でも菌検査を行っております。冷凍状態のままお客様へお届けします。



美味しいけど、ちょっと待った!

 クックフリーズが安全であることをよりご理解いただけるであろう、例をあげてみたいと思います。

 ひと晩寝かせたカレー美味しいですよね。しかし、食中毒になってしまうかもしれない危険が…まさか、お鍋に放置してませんよね?

 食中毒を引き起こす菌に「ウェルシュ菌」と言うものがあります。

 ウェルシュ菌は、人や動物の腸内・土・水中など、いたるところに存在。食肉や魚にも存在します。ウェルシュ菌は煮沸しても死滅せず、加熱調理した食品であっても、常温で放置しておけば、ウェルシュ菌が増殖します。

 また、ウェルシュ菌は酸素に弱く、酸素に触れるところでは増殖しません。カレーやシチューなどの煮込み料理は中心部の酸素が少なくなりやすく、増殖するには絶好の環境となります。


食中毒を防ぐには

 ウェルシュ菌は加熱による予防はできません。増殖を防ぐため、調理済みの食品を常温で放置するのをやめましょう

・常温で放置しない
・調理に注意し、加熱調理したものは早めに食べる
・加熱調理後、保存する場合は速やかに冷却する
・カレーやシチューなどは、調理時によくかき混ぜる(酸素を含ませるため)
・カレー等を保存するときは、なるべく底の浅い容器に小分けし、保存は冷蔵庫で
・食べる前は再度加熱する



 いかに速やかに冷却することが大事かご理解いただけたと思います。

 クックフリーズ方式は、調理後、速やかに冷却し、万が一菌が存在しても、菌が活発に活動(増殖)する時間を与えません。

※けんたくんの御膳は、製造後、社内の品質管理室で栄養士が検査を行い、確認を行ってから出荷されます。定期的に第三者機関でも菌検査を行っております。冷凍状態のままお客様へお届けします。




〔けんたくん御膳〕
国の定める「食事療法用宅配食品等栄養指針」に準拠して、管理栄養士が医師の指導・助言を受けながら、バリエーションに富んだ日替わり献立を作成しています。食事療法食としてご利用できます。
ひまわり御膳(健康維持増進)
すずらん御膳(高血圧・心臓病)
すみれ御膳A・B(糖尿病・肥満)
れんげ御膳A・B(腎臓病・人口透析)

〔健康管理食〕
塩分・カロリーだけでなくタンパク質や脂質・炭水化物など、栄養バランスの良いお食事です。野菜をふんだんに使い(平均125g)、品目も多く使用(平均15品目以上)。全25メニュー。
多幸源II(たこげんツー)



栄養価付メニュー表(6.1MB pdf形式)






戻る  Blog Top


お問合せ・ご注文
健康管理食宅配サービス
けんたくん紫波・花巻店
岩手県紫波郡紫波町南日詰字田中16-3


基本は週一回の配達ですが、配達回数は柔軟に対応致します(ご自宅の冷凍庫に入りきらない等)。食べきれなかった場合は、翌週の配達をお休みすることもできます。担当者へお気軽にご相談下さい。

お問合せ、ご注文はお気軽に! 

0120-821-887(フリーダイヤル)


お問合せフォームはこちら