高齢者の薬漬け?

ブログ

2018-3-1

高齢者の薬漬け?


高齢者の薬漬けが問題になっているそうです。

75歳以上の4人に1人が7種類以上の薬を飲んでいるそうで、驚きです。

もちろん必要な薬を上手に利用し、健康を保つことは重要ですが、薬の量が増えるほど副作用のリスクが高まるそうです。

血圧を下げる降圧薬や胃薬などに使われている抗ヒスタミン薬にはフラつきを起こして転倒したり、記憶障害抑うつをおこす副作用があるそうです。

また、長期間同じ薬を服用し続けることで、薬の効果が低くなることを耐性というそうです。耐性ができて、薬の効果が低下すると、量を増やさなければならなくなることも。少量なら発生しなかった副作用が出たり、免疫力が低下するリスクが高まるそうです。

免疫力が低下すると、それまで無縁だった病気を患ってしまうことも。

免疫力を高めることがいかに大切か、分かりやすい例は風邪ではないでしょうか?

風邪には症状を抑える薬はあっても、風邪を治す薬はありません。

解熱剤で熱が下がって気分がよくなっても、風邪が治った訳ではありません。風邪を治すには、体の免疫力でウイルスと闘う必要があります。

薬の常用は副作用、免疫力低下をまねき、新たな病を患うかもしれないリスクがあることをもっと意識しなければなりませんね。

緊急に対応しなければならない症状は仕方ありませんが、高血圧などの生活習慣病は薬を上手に利用しつつ、生活習慣や食生活を見直すことで薬の量を減らすことができます。

戻る  Blog Top


〔けんたくん御膳〕
消費者庁の食事療法用宅配食品等栄養指針しょくじりょうほうようたくはいしょくひんとうえいようししんに準拠。管理栄養士が医師の指導・助言を受けながら、豊かな日替わり献立を作成。食事療法食としてご利用できます。
ひまわり御膳(健康維持増進)
すずらん御膳(高血圧・心臓病)
すみれ御膳A・B(糖尿病・肥満)
れんげ御膳A・B(腎臓病・人口透析)

〔オリジナル御膳〕
健康管理食 多幸源IIたこげんツー
塩分、カロリー、タンパク質や脂質、炭水化物など、栄養バランスの良いお食事。お子様からお年寄りまで幅広い年齢層に対応。
やわらかめ食 多幸源IIIたこげんスリー
とろみを使い、硬くなりがちな根菜類を細かくカット。ご高齢者(70代以上対象)の食べやすさを追求。
低たんぱく食
制限があっても楽しめるお食事を!継続してご利用頂ける安心の価格と栄養価!低たんぱく食。


ご注文・お問合せ

健康管理食宅配サービス
けんたくん紫波・花巻店

〒028-3317 
岩手県紫波郡紫波町南日詰字田中16-3

0120-821-887

メールお問合せ » メールフォームを開く

受付時間 09:00〜18:00
お電話は土日祝日もお受けしております。

 基本は週一回の配達ですが、配達回数は柔軟に対応致します(ご自宅の冷凍庫に入りきらない等)。食べきれなかった場合は、翌週の配達をお休みすることもできます。担当者へお気軽にご相談下さい。

Copyright けんたくん紫波・花巻店 Allrights reserved.