ブログ

2018-07-02

冷えたご飯もいいよ(レジスタントスターチ)


 日本人の主食。ご飯。朝昼晩の三食で一度もご飯を食べないという方は珍しいのではないでしょうか?

 冷えたご飯より、炊きたての温かいご飯のほうが好きという方が圧倒的だと思います。ちなみに僕は変わり者なので、冷えたご飯の方が好き。

 ところが、ご飯はでんぷん質を多く含み、血糖値が急激に上昇してしまいます。血糖値を気にされている方は「食べたいけど、控えている」という方も多いのでは?

 そんな方は、ご飯を一度冷やすことをオススメします。


レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)

 ご飯が血糖値を急上昇させてしまうのは、ご飯のでんぷん質が小腸で吸収されるのが早いからです。

 ご飯を一度冷やすと、でんぷん質が「レジスタントスターチ(難消化性でんぷん)」。つまり、消化され難いでんぷんに変わります

 一度冷やして、レジスタントスターチが増えたご飯は、小腸での吸収に時間がかかり、血糖値が上がりにくくなります

 なので、お寿司なども温かいご飯より、血糖値が上がりにくいんだそうです。


 一度レジスタントスターチに変わると、温めても元に戻ることはありません

 どうしても温かいご飯が食べたい方は、一度冷やしたご飯を、再度温めれば大丈夫です。

 冷えたご飯にはもう一ついいことがあります。

 ご飯のお供。納豆。温かいご飯に納豆。美味しいですが、ちょっと残念なことが…。温かいご飯に納豆をかけて食べると、ご飯の熱で、納豆菌が弱ってしまうんだそうです。

 冷えたご飯のほうが、納豆菌が元気なまま摂取することができるそうです。




〔けんたくん御膳〕
国の定める「食事療法用宅配食品等栄養指針」に準拠して、管理栄養士が医師の指導・助言を受けながら、バリエーションに富んだ日替わり献立を作成しています。食事療法食としてご利用できます。日替り献立。
ひまわり御膳(健康維持増進)
すずらん御膳(高血圧・心臓病)
すみれ御膳A・B(糖尿病・肥満)
れんげ御膳A・B(腎臓病・人口透析)

〔健康管理食〕
多幸源(たこげん)
塩分・カロリーだけでなくタンパク質や脂質・炭水化物など、栄養バランスの良いお食事です。お子様からお年寄りまで幅広い年齢層に対応する、 多幸源II(たこげんツー) 。とろみを使い、硬くなりがちな根菜類を極力カットし、ご高齢者(70代以上対象)の食べやすさを追求した 多幸源III(たこげんスリー) 。各全25献立。

〔低たんぱく食〕
低たんぱく食
制限があっても楽しめるお食事を!長くご利用いただける安心の価格と栄養価!けんたくんの低たんぱく食は管理栄養士の元、徹底した品質・衛生管理で製造しています。






戻る  Blog Top


お問合せ・ご注文
健康管理食宅配サービス
けんたくん紫波・花巻店
岩手県紫波郡紫波町南日詰字田中16-3


基本は週一回の配達ですが、配達回数は柔軟に対応致します(ご自宅の冷凍庫に入りきらない等)。食べきれなかった場合は、翌週の配達をお休みすることもできます。担当者へお気軽にご相談下さい。

お問合せ、ご注文はお気軽に! 
0120-821-887(フリーダイヤル)

お問合せフォームはこちら