← 2016年11月のオススメ     2018年01月のオススメ →

2017年12月 オススメメニュー


全御膳献立 2017年12月(PDF形式・2.9MB)
新ウィンドーで表示されます

ビーフシチュー

ひまわり  (12月24日 夕食)
すずらん  (12月13日 昼食)
すみれA・B (12月15日 昼食)

冬が近づくと食べたくなるシチュー。洋食なので海外から伝わった料理なのかと思いきや、実は日本独自の料理だそう。デミグラスソースでじっくりコトコト煮込んだビーフシチューを食べて、寒い冬を乗り切りましょう。


クリームシチュー

れんげA (12月13日 夕食)

優しい味わいでほっこりするクリームシチューは冬の定番料理。洋食に分類されますが、実は日本独自に作られた和製洋食らしいのです。海外でも牛乳を使用した白いシチューはありますが、特にとろみがついているところが日本のシチューということです。


トンカツ

れんげB (12月20日 夕食)

豚肉は良質なタンパク源で、ビタミンも豊富に含まれているため、冬の厳しい寒さも打ち勝てるパワーをつけてくれます。寒いと外出が億劫に感じ運動不足にもなりがちです。よく食べよく動き、健康な生活が維持できるようにしましょう。


ちゃんこ鍋風

ひまわり   (12月14日 昼食)
すずらん   (12月 3日 夕食)
すみれA・B (12月20日 夕食)

ちゃんこ鍋の「ちゃんこ」とは本来、相撲部屋において力士(ちゃんこ番)の作る手料理をすべて差しますが、特に広く知られているのがちゃんこ鍋だそうです。相撲部屋では1種類の鍋だけが食べられているわけではなく、ちり鍋やソップ炊きなど様々な種類や味付けの鍋料理があります。今回は一般的に食べられている寄せ鍋風につくっています。ぜひご賞味ください。


たらの明太マヨ焼き

れんげA (12月5日 夕食)

たらの旬は12月頃から2月頃までといわれています。タンパク質は豊富ですが、低脂肪の魚です。ビタミンDも含んでいるため、カルシウムの吸収を高める、骨粗しょう症予防効果が期待できます。一尾丸ごと買うときには大きくて腹の色が白く、背中の模様がはっきりしているものを選ぶと良いですよ。


さばのみりん焼き

れんげB (12月11日 夕食)

さばには良質なたんぱく質の他に、血液サラサラ効果のある脂が豊富に含まれています。青魚の脂が善玉コレステロールを増やし、中性脂肪、悪玉コレステロールを減らしてくれるのは、不飽和脂肪酸が多く含まれているからです。近年、魚を食べる量は減少傾向にありますが、一日一食は魚を食べるように気をつけていきたいですね。


タラのホワイトソース・たらの明太マヨ焼き

ひまわり (12月 3日 夕食)
すずらん (12月19日 夕食)

たらは高タンパク・低脂肪のダイエットに効果的な魚です。また、ビタミンB12が豊富です。貧血を予防するのに必要なビタミンなので、特に女性は積極的に食べた方が良いでしょう。今回は、冬の季節にぴったりな味付けでお召し上がりいただきます。ぜひご賞味ください。


かれいの竜田揚げ

すみれA・B (12月 3日 夕食)

冬に旬を迎えるかれい。かれいはたらよりもタンパク質が豊富で子供から大人まで幅広い世代の食事に合う白身魚のひとつです。ビタミンB1やB2が含まれているので、体の代謝を助け、疲労回復効果が期待できます。さっぱりと食べられるかれいで、冬も元気に過ごしてくださいね。


ぶりのから揚げピリ辛風味

れんげA (12月 8日 昼食)
れんげB (12月 9日 昼食)

12月(師走)に美味しい魚だから、魚へんに師と評される、ぶり。ぶりは成長に応じて呼び名が変わることから、縁起の良い出世魚と言われています。関東では、わかし→いなだ→ワラサ→ぶり、関西では、つばす→はまち→めじろ→ぶり、と変化して行きます。たんぱく質からビタミン、鉄などバランスよく栄養価をとれるぶりを、ぜひご賞味ください。


~12月の新食材~
新食材はありません。


お問合せ・ご注文
健康管理食宅配サービス
けんたくん紫波・花巻店
岩手県紫波郡紫波町南日詰字田中16-3


基本は週一回の配達ですが、配達回数は柔軟に対応致します(ご自宅の冷凍庫に入りきらない等)。食べきれなかった場合は、翌週の配達をお休みすることもできます。担当者へお気軽にご相談下さい。

お問合せ、ご注文はお気軽に! 

0120-821-887(フリーダイヤル)



お問合せメールフォームはこちら