← 2017年12月のオススメ     2018年02月のオススメ →

2018年01月 オススメメニュー


全御膳献立 2018年01月(PDF形式・2.4MB)
新ウィンドーで表示されます

カレイの黒胡麻ソース

ひまわり (1月  8日 昼食)

こちらのオススメメニューにはふんだんに胡麻を使用しています。特に黒胡麻には、皮の黒い部分にポリフェノールの一種であるアントシアニンを含んでいて、疲れ目や生活習慣病予防に効果的であると言われています。また、胡麻に含まれる栄養には抗酸化作用のあるものが多く、積極的に胡麻を食べると身体を若々しく健康にしてくれます。胡麻づくしの一品をぜひご賞味ください。


かれいのゆずあんかけ

すずらん (1月 13日 昼食)

カレイは高タンパク・低脂肪の白身魚です。良質なタンパク質は体力向上、代謝活動の促進、免疫力を向上させる働きがあり、脂質がサンマの1/19と少なく消化吸収がよいので、病中病後の体力回復にもうってつけ。また、高齢者やダイエット中の人にも適した食材と言えます。


ぶりの照り焼

すみれA・B (1月 12日 夕食)
れんげA (1月 10日 夕食)

冷たい海中で生活するぶりの脂肪は、凝固しにくい不飽和脂肪酸が中心で、このうちEPAとよばれる油は血液中のコレステロールを低下させ、血液の流れを良くして血栓をできにくくする働きが期待されます。動脈硬化や心筋梗塞・脳梗塞予防に効果的です。


法蓮草とサーモンのクリーム煮

れんげB (1月 16日 夕食)

ほうれん草は、風邪・がん・動脈硬化の予防や高血圧を下げる効果、美肌効果があるといわれています。また、サーモンは良質なたんぱく源であり、免疫力アップに効果があるといわれています。


クリームシチュー

ひまわり (1月 21日 昼食)
すずらん (1月 22日 夕食)
すみれA・B (1月 20日 夕食)

冬の寒さが厳しくなってきた頃に食べたくなるクリームシチュー。 体の芯からあたたまるので冬にぴったりのメニューですね。鶏肉のたんぱく質や野菜のビタミン類がたっぷりとれるので風邪予防にも。


たらのみぞれあんかけ

れんげA (1月 15日 昼食)

たらは、脂質が少なく高たんぱくなので、ダイエット中の人には最適な食材といえます。また、タウリンやカリウムも豊富に含まれているので、余分なコレステロールを除去し、高血圧や動脈硬化の予防に効果があります。


豚肉と野菜のオニオンソースかけ

れんげB (1月 22日 昼食)

たんぱく質、脂肪、ビタミンB1が主な栄養素です。豚肉の脂肪に含まれる不飽和脂肪酸は、悪玉コレステロールの減少や、動脈硬化予防、心疾患予防などに効果が期待できます。また、オニオンソースに含まれている玉ねぎには血液サラサラ効果があり、豚肉との食べ合わせもばっちりです。よく噛んで召し上がってみてくださいね。


~01月の新食材~
新食材はありません。


お問合せ・ご注文
健康管理食宅配サービス
けんたくん紫波・花巻店
岩手県紫波郡紫波町南日詰字田中16-3


基本は週一回の配達ですが、配達回数は柔軟に対応致します(ご自宅の冷凍庫に入りきらない等)。食べきれなかった場合は、翌週の配達をお休みすることもできます。担当者へお気軽にご相談下さい。

お問合せ、ご注文はお気軽に! 

0120-821-887(フリーダイヤル)



お問合せメールフォームはこちら