「食事療法用宅配食品等栄養指針」とは

医学・栄養学的に適正な宅配食品の提供を確保する為、国が定めた製造・取り扱い等の指針

概 要

関係学会等のガイドラインに基づいて栄養基準を設定。献立はエネルギー量±5%、たんぱく質・脂質±10%以内、かつ一週間の平均が栄養基準に等しくなるよう作成。また、一日あたり30品目、野菜量は350g以上を目安に変化に富んだ献立

食事療法について指導・助言を受けられる医療機関または医師を確保し、栄養管理責任者のもと利用者相談部門、献立作成部門、加工部門等を設置。それぞれの部門には責任者を配し、栄養管理が適正に行われる管理体制を確立

1日に2食または1食のみ提供を行う場合、残りの食事で摂取すべき栄養量と食品例の情報を提供。また利用者からの食品や食事療法に関する質問等に対して適切に対応する他、アンケート調査等により、利用者ニーズを把握して献立作成に活用


「HACCP」とは

HACCPとは、食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生するおそれのある微生物汚染等の危害をあらかじめ分析(Hazard Analysis)し、その結果に基いて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという重要管理点(Critical Control Pint)を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生管理の手法です。

NASA(米国航空宇宙局)の有人宇宙飛行計画における宇宙食開発の中で生み出された管理手法を原型としています。